ホーム > くらしのガイド > 求人情報・産業 > 農業 > 農業委員会 > 農地を農地以外の目的に使用することについて(転用等)

ここから本文です。

更新日:2021年4月6日

農地を農地以外の目的に使用することについて(転用等)

申請について

現在、農地台帳に登載されている土地を農地以外の目的で使用する際には、登記地目や現況(課税)地目に関わらず、農地転用手続を行う必要があります。

申請については、申請締切日がありますので、農業委員会総会開催日程を確認してください。

申請内容及び必要書類等の確認、検討をする必要がありますので、申請締切日までに余裕を持って、事前にご相談ください。

しかし、どの農地でも申請を出せば農地以外の目的に使える訳ではありませんので、予めご了承ください。

 

農地法第4条

自らの農地を、自ら農地以外の目的に使用する際に必要となる手続です。

以下の申請書のほか必要な添付書類につきましては、申請者や土地の状況によって変わりますので、農業委員会事務局までお問合せください。

 

農地法第5条

他者の農地を、農地以外の目的に使用する際に必要な手続です。

以下の申請書のほか必要な添付書類につきましては、申請者や土地の状況によって変わりますので、農業委員会事務局までお問合せください。

 

非農地証明願

長期間、農地を農地ではない使用をしており、今後も農地ではない利用が必要となる場合に必要な手続です。

ただし、基本的には農地として復旧し、農地としての利用を再開するべきものですので、ご注意ください。

 

お問い合わせ

部署名:農政課農地係

〒321-3392 栃木県芳賀郡芳賀町大字祖母井1020

電話:028-677-6047

ファクス:028-677-6088