ホーム > くらしのガイド > 税金・年金・保険 > 行政サービス制限について

ここから本文です。

更新日:2019年11月1日

行政サービス制限について

町税等の滞納者に対して行政サービスを制限します

町民の皆さんに必要な行政サービスを提供するためには、町の自主財源である税金等の確保はとても重要です。

特別な理由もなく、その負担すべき町税等を滞納している人には、一定の行政サービスの制限措置を講じることになります。

これは、町税等の滞納の解消や滞納の抑制、また納期内に納税している多くの町民の皆さんとの税負担の公平性を確保すること、町税徴収に対する町民の信頼を確保することを目的としたものです。

 

制限対象となる事業

  • 補助金、交付金及び助成金の交付に関すること
  • 貸付金に関すること

対象事業一覧(PDF:194KB)

 

制限対象となる税目等

町民税(個人・法人)、固定資産税(都市計画税)、軽自動車税、

国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料

 

制限される対象者

現年度以外の町税等を滞納している人

 

サービス制限を受ける範囲

利益を受けるサービスの種類により「対象者世帯」「団体構成員世帯」「法人及び代表者個人」と、

対象者以外の受益者の納付状況も確認し、滞納がある場合には行政サービスを制限します。

 



 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:税務課納税係

〒321-3392 栃木県芳賀郡芳賀町大字祖母井1020

電話:028-677-6013

ファクス:028-677-2716