ホーム > 「ロマンの碑」復元に係る陶房等見学会の実施について

ここから本文です。

更新日:2024年6月4日

「ロマンの碑」復元に係る陶房等見学会の実施について(町民先行予約開始)

昨年盗難被害にあった「ロマンの碑」の復元作業を行っている陶房「藤原陶房(益子町)」及び碑の作者である故ワグナー・ナンドール氏のアートギャラリー(益子町)の見学会を開催します。

復元作業の様子や窯、ロマンの碑原型などを見ることができる貴重な機会となっておりますので、皆様、ぜひご参加ください。

なお、参加には、クラウドファンディングへご協力いただくことが必要となります。

概要

【開催日】令和6年7月13日(土曜日)

【時間】9時00分から12時00分まで(予定)

【集合場所】道の駅はが(友遊はが駐車場)

※「道の駅はが」から貸切バスでの移動となります。

【参加費】無料

※ご参加いただく条件として「ロマンの碑」復元プロジェクトクラウドファンディングへの協力をお願いします。

<クラウドファンディング募集チラシはこちら(PDF:1,586KB)

行程

9時00分道の駅はが発→9時30分藤原陶房着(益子町芦沼中70)→陶房内見学→10時30分発→

10時45分ワグナー・ナンドールアートギャラリー着→アートギャラリー内見学→11時45分発→

12時15分道の駅はが着

応募方法・対象者

募集人数:先着30名

募集期間

<町内在住>令和6年6月3日(月曜日)から6月21日(金曜日)まで

<町外在住>令和6年6月14日(金曜日)から6月21日(金曜日)まで

応募方法:電話での応募

電話番号:028-677-6018(芳賀町商工観光課)

 

ロマンの碑とは

「海の幸」「わだつみのいろこの宮」で知られる明治の天才画家「青木繁」の名作の数々が、芳賀町出身の「福田たね」との愛の中から生まれたことを記念するため、「哲学の庭」などで知られるハンガリー出身の彫刻家、和久奈南都留(ワグナー・ナンドール)氏が制作し、1976年に五行川の橋のほとりに建てられました。

この橋は、「わだつみのいろこの宮」を博覧会に出品するため上京する青木繁と幸彦(二人の子)を抱いた福田たねとの最後の別れの場所でもあります。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:商工観光課観光係

〒321-3392 栃木県芳賀郡芳賀町大字祖母井1020

電話:028-677-6018

ファクス:028-677-3123