ここから本文です。

更新日:2019年8月20日

食品ロスをなくしましょう

食品ロスとは?

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物のことです。本来まだ食べられるにもかかわらず廃棄される国内の食品ロスは、年間643万トン発生していると推計されています。

食品ロスを減らすには?

食品に応じた買い物をしましょう

必要なものを、必要な時に、必要な量だけ購入するようにしましょう。買い物に行くときは、冷蔵庫の中をチェックしてから出かけてみましょう。

食材などを上手に料理しましょう

食材を最後まで使い切るように心がけましょう。また、食べきれなかった場合には、他の料理に作り替えてみたり、献立や調理方法を工夫してみましょう。

外食(宴会)にはこんなところに注意してみましょう

宴会などでは、食べきれずゴミとして捨てられてしまうものが多くなります。次のポイントを参考に外食時(宴会など)の食品ロスを減らしましょう。

・まずは食べきれるだけの適量注文をしましょう。

・開始15分、終了15分前などは、席を立たずにしっかり食べる時間を作りましょう。「とちぎ食べきり15(いちご)運動」の実施。

・食べきれない料理はみんなで分け合いましょう。

・それでも食べきれなかった料理は、お店の方に確認して持ち帰りましょう。

 

 

お問い合わせ

部署名:環境対策課環境対策係

〒321-3392 栃木県芳賀郡芳賀町大字祖母井1020

電話:028-677-6041

ファクス:028-677-2716